むじかみ!Mizuki Muzika

Music/ Videos/ Languages/ The World/ Love and Peace♡

音楽を作る課程、見せます。

50音の響きと役割「キャ」に迫る。なつかしのおもちゃ、ハートカンパニー。

作詞や、曲のタイトルを決めるとき。
言葉について、考えなくてはなりません。

で、今、
あいうえお、かきくけこ、さしすせそ、たちつてと…
50音の役割やイメージで、頭がいっぱい、ゲシュタルト崩壊しています。


で、今、もうひとつ、
「魅力的なモノ」として
頭にこびりついているイメージが、ドールハウス。



ドールハウス
→リカちゃんハウス
→シルバニア
→エンジェルポケット

などなど連想して、
なつかしのおもちゃの画像を見て、脳を刺激してみました。



バブルがはじけた後、80年代後半から90年代前半、
おもちゃ業界はイケイケでした。

現・渋谷タワレコさんが、7階建てのおもちゃ屋さんとして成り立っていたわけですから。
原宿のキディランドさんも今より規模が大きかったですし、

ラフォーレさんも、入り口はディズニーランドみたいだったし、
最上階はセサミストリートショップで、
巨大なおもちゃ屋さんみたいなものでした。

竹下通りにはたくさんのおもちゃ屋さんがありました。
ジャンプショップ、リカちゃんショップ、ジェニーショップなどが、
巨大おもちゃ屋のある街で尚、それぞれ独立していられたのです。

現在は合併したタカラトミーさんですが、
タカラさん、トミーさん、それぞれ別々の会社でした。




あの頃のおもちゃって、名前がキャッチー。勢いがある。


特に、てのひらサイズのドールハウスである、エンジェルポケット。



発音してみてほしい。エンジェルポケット。たまらない。。





そこで、ふと思い出したのが、こちら。

これ、うちの幼稚園児では大旋風が起こった、伝説的オモチャです。


その名も、「ハート・カンパニー」。



A4ノートを見開きにしたよりも、ひとまわり大きいようなサイズ。

赤いハートポシェットが、かなり可愛かった。



幼稚園では、班を作ることがありました。
班の名前を決め、紙に書いて、教室に貼りだします。
しばらくは、そのグループ名で呼ばれ、日々行動するのです。


とある班は、女子だけになり、異様なテンションに。

ちがう班にいるわたしのところにも、その声は聞こえてきた。
彼女たちは、声高に叫んだのだ。


「ハート・キャンパニー!!!」

そう、女子の世界では、今イケてるものは、ハートカンパニー。



しかもなぜか、オリジナリティーのある、こだわりのある感じで
「キャンパニー」という独特の発音を貫きとおした、彼女たち。

自信に満ちたハイテンションで殴り書かれたチーム名「ハートキャンパニー」は、
堂々と教室に貼り出されたのです。

彼女たちは誇らしげに、ハートキャンパニーとして活動し、
ハートキャンパニーの名のもとに、一致団結していたのでした。
ありえないほどのハイテンションで。



この、こだわりの「キャ」に込められた思いとは。
「ワタシたち女の子だから、かわいさをアピールしたいわ、キャッキャ」みたいな、
妙な盛り上がりです。
怖い。
ぶりっこ怖い。幼稚園児でも女全開みたいなところが怖い。




他の班にいたわたしも、流石に「ハートキャンパニー…」とインパクトのある言葉が頭に残り、
20年以上前経った今でも、忘れていないわけです。

もちろん女子の端くれだったわたくしも、
アニメの隙間に流れてくるハートカンパニーのCMには、やられていました。
(ちなみにそのアニメとは、朝のとってもメルヘンなウサギさんのアニメ「メイプルタウン物語」である)


堂々とハートキャンパニーを名乗る彼女たちをうらやましく思う反面、

「そこはキャンパニーじゃなくて、カンパニー」だろうと、ちょっと引いていたのを覚えています。



叩けばカンと音のするプラスティックのハートが、
カパッと開くところが、魅力的なオモチャだったのです。



そして念願のハートカンパニーを、買ってもらえたときのよろこび。

ころころ、とろんとしたプラスティックの巨大なハートは、
ころげまわりそうだったので、
買ってきたときに入っていた箱にいれて、
買ってきた状態のまま、発泡スチロールにきちんと毎回寝かせていたのを、覚えています。


子供用のマニキュアは、透明で、自然とすぐに剥げる、独特の感触。においもなし。
塗ると色はないのに、瓶の中では輝いて見える、たまらない青みがかったピンク。

はじめて手にする口紅の、くりだし感。ジャリジャリしてるところがよかった。


カギをさして、カチャッと開くのも可愛い。
ちょっと扱いづらいというか、
開くときに気をつけないと中身がこぼれたり落ちてしまう感じ、
本体も丸くて安定しない感じが、
なんだかまたドキドキして良かったなぁ。



実際さわってみたハートの質感は、
かわいくて、おとなしくて、やさしいノリのオモチャ。

「これ、名前がキャンパニーだったら、安っぽくてダサいな」
と思ったのでした。
キャンパニーに対する違和感が、すごかった。

でも、あのおもちゃに「キャンパニー」を求めていた女子たちも同じクラスにいたわけですから、
明らかに、ノリがちがう。

受け取り方がちがう。
「キャ」のイメージも、
あのハートの質感から受け取るイメージも、ちがう。





キャッチーな商品名として、

ハートカンパニー。
ハートキャンパニー。

果たしてどちらが正解なのだろう。

わたし的にはカンパニーですが、
キャのテンションの高さは、攻撃的なまでに異常である。
商品名だったら、こういう飛び道具「キャ」でいくべきなのか?

いやいや…

カンパニーという言葉は、やさしさありきのもの。あの商品のやさしさを表現したい。


個人的に、女子たちのあのちょっとヒステリックな盛り上がりを見て、
キャンパニーの「キャ」には、だいぶ引いてしまいました。
女の子の発音する「キャ」には、ときに恐怖すら感じる。


「ガンキャノン」とか、素敵なキャも沢山あるけどね。

音的にも味的にも「キャラメル」をなんでも求めちゃうところに、女子のかわいさアピールが含まれている気がしなくもない。

「キャ」は、テンションが高いのです。
キャッチーって言葉もそうだわ。






ロンドンに滞在したときの思い出話なのですが。
ストがあり、電車が止まったので、バスで帰ろうとしたことがあります。
それまで割と静かにみんなバスを待っていたのですが、
バスが来たときに、
女性たちが急にテンションを上げて「Go!Go!」と我先にと乗り、
押された女性たちが「キャーッ」と声をあげ、
一気にその場はパニックになって将棋倒しが発生。
人間って怖いなぁと思って、なんとか別方向に歩いてタクシーを拾ったことがあります。

女性たちがむやみにキャーッて言うのやめたら、パニックにもならず、もっと多くの人がバスに乗れたのにな…と思ったのでした。

「キャ」はときに、パニックやヒステリーの引き金となる、そんな音だと思います。
なんか悲しく、空しくなるときがあるんだ。盛り上がるけどね。





あ。カンパニーはやさしさありきと言ったけど、、



キャンプは?



キャンプは大好き。


語源を調べると、
両方ラテン語ですが、まったく違う語源でした。
カンパニーは一緒にパンを食べる、
キャンプはキャンパスと同じ語源。






ああ、小一時間、「キャ」というひとつの音について、考えてしまった。

使い方によっては、あまりに攻撃力の高い音。

キャロライン的な名前、かわいいですけどね。


キューリー夫人はなんだかテンションが穏やかだな。。
キューティクル、キューティーハニー、
キューだと全然、ニュアンスが変わるんだわ。

キョウコ、とか、京都とか、キョも全然やさしい。


キャラクター、キャパシティー、キャミソール、キャンペーン、キャンピングカー、
うーん、キャは、テンション高い。


カルバンクライン…、
キャルバンクライン…、
うわぁ、すごい。キャルバン・クラーイン!発音してみてください、すごいから!

パーティーピーポー!よりも全然強いな、キャルバンクラーイン!




ああ、きりがないので、このへんで。

キャ疲れした。
キャには、人をゲンナリさせる勢いがある。

秋は、曲が生まれやすい。

秋は、抜け毛が多い。

秋は、体調を崩しやすい。

秋は、曲が生まれやすい。




耳も癒えてきた。。
友達よ、音楽よ、ありがとう。



持つべきは 古き友かな 早や10年
閉じた貝がら ひらく音



耳が痛いと、心も貝のようになるわ~。

耳は、だいじに使おう!!!



ざっくり、新しい曲も

まとまってきた~。


ワクワクする~!


次のライブに向けて、がんばるんばー!!



心を救う、ベースの弦のゆらぎ。

耳がつらい。痛い…。
聞こえすぎ症候群。

耳が過敏になりすぎて、高音ノイローゼみたいな感じでしょうか。

ストレスによる一時的なモノらしく、すぐ治るはず。



聴力と視力がよすぎて、どっちもちょっと疲れやすいらしいです。

普段から、音がやたら大きく聞こえるのはよくあるのですが。

でも今週末のはストレスかと(;_;)



高い音が本当に今はダメで、

テレビもラジオも音楽もダメ、
ボリューム最小にしても、5秒でも頭痛が来る。

外も家も、つらい…。

家って、意外と、静かではないのね。

工事の音、
子供の叫び声や、女性の声。

常に囲まれていて、
耳が痛くなって頭を抱えるという、、




結構キテる。。



珍しく元気がない(;_;)




子供のケンカや叫び声などが、家の前ではじまったとき。
テレビやラジオや音楽など、他の音でかき消すことができないので、
まったく逃げ場がなく…。

泣きたくなる…。

明日からの日常生活が、不安…。(;_;)
電車とか乗れるの、これ…。




いやだ、こんな状況に、負けたくない!

ここで屈したら、いかん。


耳を休ませつつ、
ちょっとずつ、ちょっとずつ、良くなってきました。

静かすぎるっていうのは、
さみしいですし、退屈ですし、

リハビリ程度に、
低い音で、なにか楽しませてくれるものはないだろうか?




作曲の勉強は、紙の問題を自分で作ってあれこれ、
耳をなるべく使わないようにやって。

ピアノ使うとき、低い音だけを使ってみました。


それでも短い時間で限界が来るので。
ままよ! と、
大好きな一曲を精一杯、一回だけ弾く。
…うわあ、なんてスッキリ。癒される…。

音は、やっぱり、敵じゃない。
この二日間、音に追われて逃げるようにしていましたが、そんなメンタルじゃやっぱりダメだ。
癒された…。





頭の中では、作りたいもの、いっぱい、鳴ってます…
もどかしい…


なにか、この気持ちを、わかってくれるものが、
代わりにしゃべってくれるようなものが、ないだろうか?




ということで、ベースの音を、聴きました。
無性に聴きたくなりました。


海外アーティストの一流アーティストの、ファンキーなやつです。
やっぱりそういう大人の音は、優しい、マイルド…。
痛みをわかってくれるような許容力を感じます。

カゼのときの、おじやみたいな存在です。
ちゃんとお米で、元気も出るのに、やさしい。


多少、人間の歓声など、苦手な高めの音が入っていたのですが。


ベースなら、こんなときでも、聴けるんだ…。


人の声などが入っていないところだけ、何回か繰り返したくなるほど、


ベースの音には励まされ、
久々に胸踊るような気持ちになりました。

好きだ!

ドラムの音も同じく。




こういう、弱ってるときにも、安心させてくれるもの。

傷つけない、トゲがない、
なのに楽しく盛り上げてくれる、
押しつけないのにパワーのある音、

昔の演奏家の手には詰まっている。

砂糖たっぷりのホットミルクみたい。
胃炎にもやさしいというか薬なんだけど、あまーくておいしい。

元気になったら作る!!!!!
思うように動けない日のおかげで、むしろゆっくり精製できた感じがします。




過敏な耳と高音について調べていて、
ピアノ騒音殺人事件というものを知りました。
ピアノの音が殺人に発展してしまったそうです。

低い音ももちろん騒音になるときはなるんだけどね。
高い音よりも人を傷つけないというか、
優しい音…。


今日はベースの音に、ほんとうに救われた。
こんな素敵な楽器がある世界に生まれて、よかった。


明日からも、ぼちぼちいこう。

でもやっぱり、耳栓つけて外に出るのは、なんだか怖くて無理だなぁ…。
耳をふさぐのも抵抗が…(>_<)
むーずーかーしーいー。。。


外で耳痛くてたまらなくなったら、

べんべんべんべべん…という今日聞いた癒しのの低音を思い出して、落ち着こうと思う。



耳に意識が集中しすぎて、ふと気づくと気が滅入っているので。

思い出し笑いができるネタとかがないと、非常につらいです。

ちがうこと考えて、やりすごすぞ~。



ベース聞いてから、音楽が、ノリが、やっと世界に戻ってきた。

小さなムジカ・スタジオにて。パソコンに向かおうとしているオラウータン。

次に向けて…

ソワソワしている…。



作りたい音楽…

脳内で出来た…

はちきれんばかり…

ムズムズしている…!!!!!



鍵盤とパソコンに向かうべき段階が来た…

でももう寝なきゃ…


ああああああああ。

もどかしい!!!!!!

あああああああああ!!!!!




そんなとき、
わたしの代わりに、机に向かっているヤツがいた…。



うちのファンキー・ダディ・テディである。



小さなムジカ・スタジオにて、

小さくて大きなこのヒト、

なにか考えていらっしゃる、ご様子…。



ちょっとちょっと、わたしより先に始めないでよー!


明日は譲っておくれよ、その席!




無言で、ひたすら、マジメに考えているその横顔、、


負けないって気分にさせられるわ!

明日は、となりで、わたしも一緒にその机に向かうんだからね!!!待っててよー!!

名曲「ぞうさん」の切なさから、教育や親子問題にまで話が広がってしまった。

おもちゃのピアノで、名曲ぞうさんを弾く。
なんでこの曲がこんなに知名度を確立したのか、名曲なのか、わかりましたよ。



これ以上ないほどシンプルで、コンパクトで、
だれもが安心して聴ける。

ぞうさん。

意外と、メランコリック!



ぞーうさん、ぞーうさん、
ファーレド、ファーレド、


と安定した穏やかな様子が4小節続いたのあと、

そーうよ、


「かあさんも」、
レドラーファ、

の部分が、なんとも切ないのです。

たった8小節、
ダンスで言えばフォーエイト。
短い曲です。


みなさんご存知の歌詞ですが、
2番はこんなにもコンパクトにまとめたのに、じーんと来る、せつなさ。



作詞は、まどみちおさん。


親子愛という、一見なんとも穏やかそうなテーマですが。

でも実は、この「お母さん」、
産むまでにもたくさんのドラマがあり、
産んだあとにもたくさんのドラマがあり。
産む瞬間には、目玉が飛び出るような激しい痛みを体験してらっしゃる。

母の人生というのは、たいがい思っているよりも壮絶なもの。
感情面でも環境面でも、激しくアップダウンあり。
病気の心配したり、お金の心配したり、旦那の心配したり、親の心配したり。
そしてそれを一切表に出さず、子供に悟られまいとしたり。
お母さんは、とっても大変。




そんな中、
「ぞうさん ぞうさん だれがすきなの?
あのね かあさんが 好きなのよ」。

そんな歌を、子供がかわいい声で歌ってくれたら。
お母さんとしても、ちょっと報われるようなところがあるのではないでしょうか。


子供だけでなく、お母さんの心まで癒す。そしてそばにいる人たちを癒す。

名曲です。




これも、わたしが好きな、脳の実験の話なのですが。

誰が好きとか、感謝しようとか、ポジティブなことを聞いていると、
人って楽観的で明るい性格になるそうです。
脳に知らずにインプットされ、アウトプットされている。

逆に、人の悪口や、悪い面ばかりをGoogle検索していると、
そのうちに性格は暗く、悪くなる。
気をつけましょう。

脳に入れる情報によって、メンタルは左右されるという話です。




だから子供が歌ったり聴いたりする歌は、
聴いていて性格が良くなるものであるべきなんですよね。

無垢な子供の心に、知らない間に性格悪くなる考え方をすりこむのは、ものすごい大きな罪だと、わたしは思っています。


ぞうさんの歌詞。
知らず知らずに、「お母さんには感謝するものなんだよ」と、脳に残してあげる。
三つ子の魂百まで。

親には感謝しよう。そんなあたりまえのことを、教えてもらえない人も、中にはいるわけです。

若者が気付いていないだけなら、まだよいのですが。
大人になってからも、親の悪口を言ってしまう人もいる。
それも、悪びれずに。

きっと事情があるんだろうし、
そんな気持ちも、もちろんわかるのですが。

だけど言ったら後悔することを言ってしまう前に、
ぞうさんヘビメタバージョンとか脳内で作ってみるのはどうかな。



今日は本屋さんで、母親の悪口ばかりを書いた本を見つけてしまいました。
タイトルを見ただけで、わたしはすごーく悲しい気持ちになって、なぜか自分が罪悪感でいっぱいになりました。

きっといろーーんな辛いことや事情があったのは十分わかるし、批判はできないけど。
その感情を本にしてまとめて言語化して、お金で一冊でも多く売ろうという行動に出て、
そしてまた親に感謝できない人がお金を払って、その情報を脳に読み込ませていることに、とっても悲しい気持ちになりました。

お母さんの悪口を言うことを正当化するのも、そうしないと生きていけない人がいるのはわかるけれども。

その作品にお金を払うということはその行為をサポートすることですので、ちょっとわたしには、そんな酷なことはできないです。
親にひどいことたくさんされたなら、気持ちは分からなくないけれど。。


「これは良いことではないんだ」という、本来かかるべきブレーキが壊れている自体が、怖かったです。

被害者意識というのは恐ろしいもので、
親に文句がある→「誰も教えてくれなかった!」という嘆きが発生します。
その気持ち、よくわかります。
若いときはそんなスパイラルに陥った経験もあるし。



ただ、

人が教えてくれないことというのは、音楽が必ず教えてくれているのです。




だから、「誰も教えてくれなかった!」なんて泣いたり、自暴自棄にならなくても、もう大丈夫。
Googleに聞かなくても大丈夫。
私が教えてあげましょう、なんて寄ってくる変な人に近づいていかなくても大丈夫。

音楽番組で、ラジオでライブで、CD屋さんで、カラオケで。
ためになる音楽つくってる人は、五万といるのです。
音楽って娯楽だけじゃない。
たいせつなことは、みんな音楽から学べる。


だからさ、親がきらいなんて悲しいこと言わないで、ゆるしてあげてほしいな。
親も若くて不完全、親になるのに免許や資格や研修があるでもなし。


「こんなことされたから親が許せない」という被害者意識があるうちは、
その言葉や、大嫌いという言葉をぶつけることが
親を傷つけているということにも気づかなかったり、どうでもいい、無関心だということ。
自分も無意識のうちに加害者になってしまう。
向こうにやられたことをやり返しているだけ、なんて言うかもしれないけれど、
その攻撃の応酬を止める権利は自分にあります。
そういう意味で自分主体で生きてみたとき、後悔しない道を歩んでてほしいな。


もしも親を悪く言うような本が本棚にあったら、
わたしだったらもう後ろめたくて後ろめたくて恥ずかしくて耐えられなくて、すぐに捨てると思います。
誰にも見られないように捨てますよ。それくらい恥ずかしいことだもの。
でもしれっと本棚に並んでるんだから、この世界、怖いなぁ~って思った。





わたしは子供の頃から教育というジャンルにやたら興味のある子供でした。
「ためになる・性格が良くなる・悪影響にならない」
せっかく音楽の神様のパワーを使わせていただけるなら、
そんな明るい未来を作れる曲が書けるようになりたいな、と思っています。

「明るい未来を作る」ってその漠然としたものは何?と思う方もいるかもしれませんが、
わたしとしては子供たちに、
近い将来、大人になる人たちの脳の片隅に、
ポジティブでラブなメッセージを残してあげること。
そのツールとして音楽を使うこと。
それも神様からいただいた、天国から降ってきた音楽を使うこと。




そして子供が健やかに育つためには、
まずお母さんの苦労をちょっとでも負担してあげること、
母親の余裕を作ってあげられたらと思います。

だからライブとかも、
あと良い音楽作るのも、
気晴らしや息抜きが必要な人たちのためになるように、
そんな手伝いができるレベルのモノを、作れるようになりたい。
人の役に立ちたい。

現実逃避が必要な人に、夢を与える。
それが音楽なのでしょう。
誰を癒したい、こんな人を癒したい、
そんなふうにリアルにリアルに、聞いてくれる人を想定して、ちょっとでも癒していけたらいいなぁと思います。

今回のTobacco Babyはタバコやめようとしている人の応援歌だけど、
いろーーーーんなタイプの、応援したい人、いーーっぱい、いるんだなぁ。。







昔よりも家族は減り、おせっかいな人は減り、
今のお母さんって大変そう…。

駅や電車で、子供がオレサマベビーになっていて、子供に連れられているようなお母さんも目撃したりしますが。
お母さんも、怒ることができないんだろう。
それも責められません。
そのお母さんに対して何もしてあげられない人には、責める権利なんてありません。
ぜんぶがお母さんの仕事になってるんだから、大変だ。

街中で知らない親子がいて、子供が暴れてる横で、わたしは何にもしてあげられなかったけど
「お母さん大変そうですねー」とか
「ママ重たい荷物いっぱい持ってるんだから、困らせちゃかわいそうだよー」なんて言ったら、
お母さんが涙ぐんじゃったこともありました。
育児ノイローゼなのかな。。

たぶんそういうお母さんをねぎらう一言を、「ぞうさん」の歌詞は担ってるんだと思うの。
思ったよりも、そういう一言には意味があるんだろうな。きっと。






だから、例えばベビーカーちょっと運ぶ手伝いにしても、
エレベーターのボタン押してあげとくだけにしても、
何かしら助けてあげたいと思う。

そんな気持ちも、おせっかいとか、うざいって言われるご時世ですが。
「あたりまえのこと」じゃなかったのかな~…って、最近かなしくなります。

スマホ見てて気づかないとか、

無視ですからね、それ。。罪深いよ。でも罪悪感すらないんだろうな。


そんなことしてたら、いつか自分も無視されちゃうよ。
自分も知らないうちにやってるかもしれないと思うと、怖いよ~!

こんな世界で子育てをすることになると思うと、
そんな文化はカケラでも残しておかないと、
やってられないです。




名曲ぞうさんから、現代社会・殺伐とした東京での子育ての話にまでなってしまった。

「そうよ、かあさんも」
ドードラ、レドラファ、

この部分が、涙あふれそうなほど切ないのは、
母の愛がたっぷりと、胸が擦り切れそうなほどに、詰まっているからです。
ギャラリー
  • Sakura咲いたから絵を描いたー!
  • 体育は「サバイバル術」の授業になればいいのに。光GENJIと運動。
  • 体育は「サバイバル術」の授業になればいいのに。光GENJIと運動。
  • マイケルジャクソンと #TimesUp #HappyWomensDay #国際女性デー わたしは #MeToo なあなたを全力で肯定しますよと宣言しておきます。#映画 #音楽 #洋楽
  • マイケルジャクソンと #TimesUp #HappyWomensDay #国際女性デー わたしは #MeToo なあなたを全力で肯定しますよと宣言しておきます。#映画 #音楽 #洋楽
  • マイケルジャクソンと #TimesUp #HappyWomensDay #国際女性デー わたしは #MeToo なあなたを全力で肯定しますよと宣言しておきます。#映画 #音楽 #洋楽
  • マイケルジャクソンと #TimesUp #HappyWomensDay #国際女性デー わたしは #MeToo なあなたを全力で肯定しますよと宣言しておきます。#映画 #音楽 #洋楽
  • マイケルジャクソンと #TimesUp #HappyWomensDay #国際女性デー わたしは #MeToo なあなたを全力で肯定しますよと宣言しておきます。#映画 #音楽 #洋楽
  • 「NIVEA Softひとつで、顔からだ髪、全身まるごとスキンケア」大作戦
記事検索
タグ絞り込み検索
GOOGLE
楽天市場
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ