(男性激励・物申す系の記事です。
脳内BGMは、
中森明菜の十戒、
山口百恵の絶体絶命、
MAXのGive Me A Shakeで、
どうぞ怒らずにお楽しみください)



日本に帰ってきてからこっち、
「いい匂いがする!」という言葉に、違和感を覚えています。
みずきです。



海外でのワイルドな生活、キャンプや空港泊の日々。
匂いなんて日ごろあまり意識せず、
香水つけるのはたまにだけ。
鼻炎持ちで、鼻がバカ。

人工的な「いい匂い」で鼻がヘンになる。
柔軟剤は、お金のムダと思う。
みずきです。



なので、何もつけていないのに
「いい匂いがする」とか言われると、
何の匂いを嗅いでるつもりでいるのか、と引いてしまう。
女の子に言われるのは、いいけどさ。



外国製のシャンプーとメイク用品をダラダラ使っているせいで、
その匂いが強いのかと。

髪がウルトラ長いと、その匂いも持続しやすいらしい。




外国で挨拶がわりにみんなが言う
「お、いいにおいだね〜。グッスメール!」
っていうのは、たまにあるんですが。

それは明らかに、その場にいる全員が無視できないほど香りの強い人を、イジる形で言われます。
全身チョコレートケーキかよみたいな匂いを漂わせて登場した女子に対する、
総ツッコミのようなもの。
からかい半分、褒め半分。

外国製は匂いが強いし、
バニラなど食べ物に直結するような匂いの
香水、シャンプー、ボディバターなど
塗りまくっていることが露骨な場合にのみ、言います。たぶん。

カレーの匂いがするから「いい匂い〜」って言うのと同じ感覚。

ハグで挨拶するので、匂いを気にする。
ハグする相手に悪いから、香水つけておく。
その「あえてつけている人工的な香料」という商品に対して、「いい匂いだね〜」と褒めます。



人の体臭そのものに、
「いい匂いがする」とは、
普通は言わないと思います。





なので、「いい匂いがする」という言葉、
日本で言われると、なんかゾワッとするワードのひとつです。 

「抱きつきもしてないのに、いつ嗅いだの…?
その距離から何を嗅がれてるのか…
もとい、何を嗅いでいるつもりなのか…
しかも何もつけてない日に体臭に対する言及とかキツイ…」
と、引いてしまうんですね。



シャンプーの匂いったって、
体臭と混じってるわけですし。
それに対して一言言うなよと。キモいよと。

香水つけてない日にそれを何度も異性から言われたりすると、

キモチワルイな、と思われて当然かと。
あれ、やめましょう。
プラスよりマイナスになるリスク、思ってるよりかなり大きいですから。

 

鳥やネコに指先の匂い嗅がれて、
マニキュアの匂いきついわぁ、
みたいな顔されることもありますが、
それすら人工的な香りに対する評価ですからね。






で、「いい匂いがする」を好奇心からグーグルしたところ。

上から2番目に出てきた記事に、吐き気がしました。笑



女の子はなぜいい匂いがするのか!
いい匂いになるには!?
という記事で、

女子力高めたい女子のための記事かと思ったら。


いい匂いになりたい男のための記事だったんです。。orz



女々しい!!!女々しすぎる!!!!
男はメンソールやシトラスの香りさせときゃいいんだよ!! 

カバンに練り香水とか忍ばせて、
女みたいな匂いをさせたい男なんて、
男として、ないわぁ。
LGBTさん以外、ないわぁぁ。。。




シャンプーと柔軟剤のにおい+女性ホルモン
→翌日に頭皮に残るシャンプーの香りの強さが、女性ホルモンで増加されてる
→男としては悔しい!(マネができないじゃないか!)

って、なにその悔しいという感情。。
その悔しさって、軽い怒りみたいなものですからね。
なにを女と張り合ってんだと。
嫉妬ですよ。もうその感情そのものが、ナヨい、女々しい。
せめて言うのを、少しはばかってくれ。

女のはじらい、男のつよがり。
これ大事!

女みたいな匂いになれなくて悔しいっていう、その観点、なかったわぁ。。





女子はカバンに何気なく練り香水を入れているとか、
そういうこまめなケアをしていかないと、と。

そんな女々しい男いらな(ry




男も柔軟剤を使うべき、とさらなるアドバイスが。
そうすれば「◯◯さんの柔軟剤ってxxですか?」と
女の子との会話が弾みますよ!というアドバイス。

絶句。モテるために頑張る方向ちがうよ…?

まず異性から話しかけてもらう、振り向かせるっていう感覚が、もはや女だから。

自分から「◯◯さん柔軟剤とか使ってるんですか?」って話しかけにいこう。
「俺よくわかんないけど柔軟剤とか使うといいんですか?」のスタンスで行け!
そのほうが母性もくすぐるし、
女の子が気を使ってるところに気づいて褒められる。
女の子はそれを待って、柔軟剤使っていい匂いさせてるんじゃないのか?
男なら待つな。狩りに行け。

自分より体重軽い男子みたいなもので、
家事は女性の得意分野として、女性を立たせてあげたらいいのにと思う。別に下手でも。
そこは張り合ってこられると、立場ないのでは。
料理は別だけど。。


最近の柔軟剤なんか、パッケージがピンクやキラキラでいかにも女向けだし、
あんなもんを洗濯機まわりに並べてる男性は、
よくその女らしい自分に耐えることができるなと。

すみませんね、、古い一部のアメリカ人は例えば男がピンク着るのもアウトだったりするわけで、
(着てるとゲイだと思われる→自然と女子の恋愛対象から外される)

黒×ピンク×キラキラのパッケージを、
一般ノンケの成人男性が持ってると思うだけで、
めまいが。。

緑や青のレノアならまだ許すが、はたいてわざわざ匂い出すトキメキ系のやつを男が買うのは、カッコわる。

しかもそういうんじゃなくて、最近流行りの高級パッケージとかキラキラ系がオススメらしい。

ダウニーは香りキツすぎるし、
逆に「洗濯してくれる女性と暮らしてるのね」と恋愛対象から外されてしまうと思うのですが。

なんなんだ、最近の日本は。。
本当に武士の国なのか、ここ。


はぁ、洗濯って面白いから、語れるよね。






さらにそのいい匂いの記事では、

排卵期にいい匂いが出るなどの情報までリサーチされ
(男性が女性の生理現象を語るのは、もれなく何がどうであれキモチワルイ。気色悪い。やめたほうがいい)

じゃあ女性ホルモン出ないんだから、注射打つ気のない男はもれなく諦めろよと思うのだが。

えーと、、、性同一障害の方なんですかね…?
そうでないなら理解に苦しむ。。

女になるべく努力をしてる性別男で心が女の人なら、同じ女として応援しますが。

心も恋愛対象も男なら、そんな女々しいことして何の得があるんですか?



加齢臭が苦しいんですか?
男性ホルモンコンプですか?
ハゲるのが怖いんですか?

でも、女々しい自分になるほうが、キモチワルいなとは思わないんですか?

カワイイは作れる、
男らしいはカッコイイ、ですよ!




モテなくて悩んでいるのだとしたら、
体臭や加齢臭のせいではなく、
その女々しさ、
女みたいなことをやろうとしているせいでは?

匂いを女みたいにしようなんていう考え自体、もはや男ではないし。
性格もきっと、女みたいなのかな…って思われてしまうよ。
こういう人にはネチネチ後から文句言われるんだろうなーとか、
陰口言うんだろうなーとか。


なんか、、メンソールでサッパリしててくれよ、
そのほうが断然カッコいいよ、と思います。


煙あまり好きではないですが、
健康にもよくないですが。
タバコ+コーヒー+加齢臭+メンソールの男性と、
柔軟剤+練り香水を持ち歩く+シャンプーの香りが甘くて強め+持ち物がピンクでも気にならない+眉整える男性だったら、

わたしは断然、女みたいじゃないほうの男性を選びたいかな。。
後者は家事の役割もかぶって、めんどくさそうだな。。
(考えるほどゲンナリする)




「女の子みたーい」は、あんまり褒め言葉じゃないですからね。。
恋愛対象じゃないから安心して親しめる〜っていう、友情の言葉ですからね。
女友達にカワイイって言うのと同じ感じ。
あぁー、練り香水を持ち歩いてる男性は、想像しただけで、ショックだなぁ。。

人は、汗をかいて頑張っているときが一番魅力的なのです!
汗臭くてなんぼです!




日本人男性には頼れるサムライであってほしい自分としては、

日本人男性が、ナヨっとしたり、頼りなくなったり、
女みたいにしゃべったり道を広がって歩いてたりするのがすごくヤなんですが、

うーん、、、
彼らの一部って自ら、女みたいになりたがってたのかしらと。

こういう記事見て、女っぽくなっていく方向に誘導されてるのも、情けないですし。
まあアメリカのほうがヒドイ広告洗脳社会ですけど。

チャラチャラしたモテ記事には、気をつけてください。女も男も。





しかし、日本に戻ってきてから、

女に小姑みたいに難癖つける男も見たし、

専業主夫になりたいからと婚活してる男性も見た。
その人は男ぶっていたけど、聞けば仕事をやめてお嫁さんに行きたいという、女の子メンタル。
異性を物件として見てるので、失礼なことこの上なく。
わたしみたいな強そうな女を見つけるとしつこくLINE攻撃があって、無理だとわかると急にいなくなる。

一生巻き込まれたくないなーと思っていた婚活スパイラルのとばっちりをなぜか食らい、
婚活してる男性って、下手したら就活よりキツイんだろうな、とまたひとつ人生経験になりました。
男性は、こんな不毛な婚活なんてやめちゃったほうが、人生豊かになるような気がします。
サッパリしていて頼れる男に、女は寄っていくと思います。




日本の男性は、
その場にいる女性を自動的にキャバ嬢の役割にあてはめて、
聞き役に徹しさせたり、
グチに付き合わせたり、
自慢や説教する人もいる。

男同士でラーメン食いながらやってくれないかな、と思う。

同性の友達が少ないから、と言う。
異性に頼りすぎてるからでは?


キャバクラという文化も日本独特なのか知りませんが、
若い女の子みっけるとそういう意味で甘えてくる男ってのは、いくつだろうと坊やみたいだなと。

こっちはお金もらってるキャバ嬢ではないし、
専門知識のあるカウンセラーでもないし、
カッコいいとこ見せてくれよ、と思ったりします。


なんだかなぁ。




LINEの返事くれと男に催促されたり、
自称「恋愛体質」の男がいたり、
(そんな言葉使うのは女だけというか、男が言うとただの浮気性の正当化みたいでダサ…)

男性の女々しさって、目のあたりにするとショックでかいというか、
世の中ってこんなもんかぁ…と、絶望にも似たものを感じますね。
町にはいざってとき助けてくれる武士が歩いてるわけじゃないんだわ、と。


そうでない人の、シブさや強さが逆に際立つけど。

やっぱり男の人は、人を守るための刀を持って、カッコつけててほしいなぁ。

女がちょっと無理してマザーテレサやってても、ダメージ食らうばかりで、わりに合わないわ。



逆に、日本の女性たちって結構サッパリしてて、
強くて優しくて、
カッコいいなぁと思ったり。


女が男らしくなるしか、ないではないか。



たぶん男性と話しながら、
内心「この男よりわたしのほうが断然男らしいなぁ」と、
どこかさみしく思ってる女性って、多いのでは。

あぁ、また今日も、誰にも頼れなかったなぁ、って。
弱音は見せられなかったなぁ、って。

自称恋愛体質を語る男性に、自分の何を語っても、しょうもないですからね。
入った飲み屋で、男のほうから悩みを打ち明けられちゃったりすると、こっちは自分のことなんて語る気にもなれず、ただただ聞き役です。

逆に、自分の悩みの大きさを思い知って、これは人前で軽く風呂敷あけられるわけないな、なんて思って。


やっぱり頼りになるのは、女同士。
という言葉は古いから、今に始まったことではないのかな?


しかし色んな外国の方にも、
日本人男性はなぜこんなに女性的なの?
と思われているようですね。
食われないように気をつけてください。

戦時中よりも平均身長も伸びたはずなのに、
「昔の日本の男は強かった」と、なぜか外国の人たちにも残念がられたりしていて。
(海外で作られてる戦争もののドキュメンタリーとか、むこうで8月に流れる戦争のテレビ特集とかでもたまに見られる風潮)

いやいや、サッカーの本田選手とか、アルピニスト野口健さんとか見てくださいよ!!って。



若くても、渋くてカッコいい男性も、たくさんいると思いますし、思いたい。
そうでなきゃ、なんかもう、やってらんない。




女になるんじゃなくて、
女の真似事するんじゃなくて、
もっと女を守ってやってほしい。


あと、とりあえず、
匂いなんて、どうでもよくないか?
定期的に洗ってれば、どうでもいい。
どうでもいいよ。。ほんと、どうでもいい。



もっとワイルドに、頼みますよ!!!!

好きなタイプは、地球滅亡の日にサバイバルできる人!
by 登山家の娘。