2017.4.11.Tue. 23:00

深夜3時に前回のブログを書いてから、
なんと今の今まで眠っていた。

20時間睡眠だ。


別に徹夜明けでもなく。
久しぶりに外出た後。
(とはいえ最近は、骨で安静にしてた3月よりも外出るようになったんだけど…)



体の膿みが出てるし、
頭ぼーっとしてて、
心の膿みも、たまっている様子。

顔と名前だして、
ブログで出すべきじゃないのはわかってるけど。

匿名で主張するのは性に合わないし、
言いたいこと言わないのもなんだし。
主に病院関係の人に読んでもらって、改善してほしいし。
同じ気持ちや状況の人もいるかもしれないし。

いつのまにかブログで、また好き放題言うようになってしまいましたね。昔からか。
脳みそ腐ってるのかなぁ。膿んでるのかなぁ。元からなのかなぁ。

このブログも実は長いのですが、昔のノリで最近書いてる。大丈夫かな。





実は2月頭から睡眠はおかしくて。

1日か2日活動したら、14時間寝る。
そんな不規則なリズムのせいで、
色々うまくいかなかったんだけど。

そのときは、骨も折れてなかったし、皮膚疾患も目に見えてはなかった。
皮膚の奥のむずむずみたいな、神経痛はあったけど。




その後は骨にヒビ入って、
先週から目に見える皮膚疾患が出て。
(本当は2-3週間前から疾患あったけど、耐えきれないほどじゃないから、病院行きたくなくて我慢してた)
体が治そうとしてるから、仮眠も納得かなと。



今日は時々目がさめたり、睡眠中も、
皮膚疾患から、グチュグチュと膿みが出てる感覚がわかり。

「昨日の医者…やっぱり治ってないじゃん。なんで治ったことにして薬くれなかったんだよ」
と、眠りながらも、悔しい、しんどい、かゆ痛い気持ちでした。

好きな医者だけど、
患部につらさがあったり、
ウソやごまかしをされてるんじゃないかと思うと、どんどん猜疑心。

膿みで汚いところを服の下に隠していると、
自分という生き物が、
化け物や疫病神、ゾンビ、
汚いものになってしまったような気分になるのです。

オペラ座の怪人の、マスクかぶってるアイツの気持ちがわかる。陰キャだよ。
別に前まで、こんなに消極的じゃなかったのに。
体悪くしてから、安静とかやってから消極的になった。
さらに皮膚疾患でてから、かゆみによるイライラのせいか、なんかダークでビターなトゲトゲが。





気づいたことがある。
頑張って人を許そうと戦えば戦うほど、
その人のことが憎くて仕方なくなる。
特に体に膿みがあるときは。

マザーテレサだって、ビジネス聖人やってた瞬間もあるだろう。
(こんな考え方も、一週間前までの自分なら一切しないで、素直にマザーテレサをキラキラめざしてた…今の自分のやさぐれっぷり…)

そんなプロの聖人みたいにならなくていいから、
なるべく名前を出さず、考えず、忘れるしかない。

バカみたいでもいいから、他の楽しいことを考えて、一切楽しくないことに人生の時間を与えないように過ごさなきゃ。
少なくとも今は、そうしなきゃ。





起きたら20時間経ってた。
この浦島太郎みたいな空しさ、わかりますかね。

1日失ってる。人生の大切な時間。
どこかへ消えた時間ていうものに、2月とか12月から付き合ってる。

もう冷蔵庫の中のアレも賞味期限きれたな、とか。
今日だれかと約束していなくて、本当によかった…。
あ、来れたらおいでって誘ってもらってるイベントあったのに…寝てた…。泣きたい…。

こうやって孤独になっていくんです。
突然会えたり、こっち来てくれる友達が貴重で、そういう人に救ってもらってる。

ハイジの夢遊病みたいに、寝てる間に活動でもしてくれてたらまだいいのにと思う。


 




こんな睡眠リズムの話をすると、
友達とか普通の人は
「えええー、なにそれ大丈夫??」と正しいリアクションをくれる。

頻繁な14時間睡眠でも心配されるんだから、20時間睡眠なんておおごとだ。
特に女性は、それがどれだけ生活に支障をきたしてるか、言わなくてもイマジネーションしてくれる。




でもね、そういう「普通の」リアクションをあまりしない人種がいるんです。

医者です。
男性です。


あと、病院の受付です。
女性です。

彼らはお金とか立場のことしか考えてない。
人の気持ちも、生活に支障きたしてるも何も考えてなくて、平気で患者を追い返します。拒否します。
代わりにどこへ行けとも言わないこともあります。
どこへ行けと、距離的にも時間的にも体力的にも無理なところを言われたりします。
人から命令されるがままに動く、コマみたいな気分です。
戦争時代の兵士になった気分です。体ひきずって。





冬から春まで、数多くの医者に、この症状を訴えてきました。

ふーん。そう。まあ必要だったんじゃない。
なんか普通のことみたいな、驚きもしないんですよ。

そうすか。別に共感されたいわけじゃないからいいっすよ、治してくれれば。

で、
じゃあよく見る例なんですか?
原因はなんなんですか、
どこの臓器が具体的に悪いんですか。

そういう具体的な話は、一切なし。

現実的な話が、なんにも進まない。
こんだけ色んな病院行って、こんだけ医療費かけたのに。





言われるのは、うちではわからない、その一言だけ。
じゃあ検査とか、はじめからやめてもらっていいですか?何いま課金させようとしてたんですか?



◯◯科行きなよ、と、よそになすりつけられる。
アレって、やられると、自分が汚れている迷惑なものみたいな気分になるんですよ。
平たく言うと、なんか傷つく。


わかりました、また次の病院で初診料とられて、検査されて、時間も金もムダにしてこいと。
たくさん眠ってしまって、人生の時間もエネルギーも欠乏してるわたしに、また病院のために頑張れと。
そうですか。
なんか自分がだらしなく、しょうもなく、自己責任とか責められる立場に思えてきました。
起き上がれないんですよ。
かゆいんです。
歩くと痛いんです。
眠いんです…。
一番つらいのは、誰もわかってくれないこと。
自己責任だと言われること。何が???何が?




一番笑ったのは、心療内科・神経科で、「どこどこに睡眠病院があるからそこに行きなよ」
なんであなたのところで解決しようとしないの?
今、放棄したよね?
そこに睡眠病院ができたから、もうあなたは睡眠の問題を解決することは放棄したの?
ラクだなぁぁぁ。

自分が院長じゃないから、せっかく来たお客さんでも、よそに回すことに抵抗ない。
マーケティングや集客に関わらないで、テキトーな接客で客を追い返す、学生バイトと同じ行動とってるんだなぁ。

医者よ。。





その後も、皮膚科、内科、整形外科、リウマチ科とかまで、色んなところ回されて行ったけど、

どこも同じこと言う。
「具体的にどこの臓器が悪いのか」
それをせめて推測してほしい。

わたしはふわっとしたものじゃなくて、
現実的な解決を求めて、病院にお金払って行くんだよ。
共感も同情もいらないから、専門知識を見せてほしい。

だって今は皮膚科や内科だけど、
医学部で色んな病気のこと勉強してきたんでしょ?
献体してくれた人の解剖だってさせてもらって、
現場を見て、
色んな例を見てきたんでしょ?



なんでわたしのことは助けてくれないんだろう。

せっかく母国に長い期間いるのに、
ずっと病院にふりまわされて、
ずっと調子悪い。

どんどん悪化してる。

体や神経の中で眠ってたらしき皮膚疾患が、
いよいよ外に出てきた。

筋肉もだいぶなくなった。
寝てるから。寝すぎてるから。

若い子が寝たきりになっても、
心配ってされないものなんだね。
まず、恥ずかしいから言えないし。
すごい緊急事態だと思うけどね。。自然なことじゃないから。

寝たきりになると、回復が大変だよ。





今日はまだまだ眠いから、
多分もうすぐまた眠る。

かゆい、痛い、眠い、つらい、
そういう負の感情に、部屋が支配されないように必死。

こんな状況に自分を追いやった人の顔、
そこに医者の顔、医者への不満が膨らんできてしまった。
そういう人たちを許す作業。忘れる作業。
もっとポジティブに…そんな風に変換できるエネルギーも今ない。

本が大量になかったら、負けてる。
じっと寝てるしかない日でも、本を読めば知識が入って、
停滞しない1日に出来る。
本当は、短い人生の、1日もムダにしたくない。
20時間寝てる場合じゃないのに、罪悪感に蝕まれそうだ。人に言われるまでもなく、自分を責めてるんだよ。


こんな不思議な世界から、抜け出すのは大変だ。




「肝臓が悪い人はよく寝る」なんてグーグル先生が言うけど、
黄色くなってもないし、あてはまらないような。

次は何科に行くの?
どこの医者に振り回されるの?
検査いくらかかるの?
みんなお金のことも、人によって言うこと違うんだよ。
中に入れば違うのに、受付で拒否られたりする。
病院の受付と、看護婦と、医者は、みんな違うシステムの中で動いてる。みんな言うこと違う。
仲良いかかりつけのお医者さんほど、嫌いになりたくないから、今行きたくないけど…。


自分でググってくる患者は、嫌われたりもする。

でも自分でググらなきゃ、実際の先生たち、医者は何も教えてくれない。
どこにも導いてくれない。
だから自分でググるしかないじゃん。でもそれも批難される。思いこみだとかなんとか。全部自分のせいにされちゃうんだよな。



アメリカで血液検査異常出た9月から、
もう7ヶ月。
体調は悪くなるばかり。
何かあったとしても、もうとっくに手遅れな予感。

何が早期発見だよ。
こんなんじゃ、そんなの無理じゃん。

「脳にいったら終わり」とか。
なんかもうとっくに、脳ダメかもよ。
こんな醜態を、世間に晒すぐらいだし。

そもそも去年一年、ずーっと膝は血栓だらけだったし、結局脳までいったりしてるのでは。
謎のかゆいウィルスが、脊髄とか神経伝って、脳までいってるのでは。
脊髄めっちゃ痛かったもん。

って、結局「脳が悪い」みたいな話になったり、
思い込みなのよ、とまで結論出されたり。

(アメリカではわたしのことを長年知りもしない去年今年ポッと出てきたよく知らない人たちが、勝手にわたしのことそう判断してきて、銃があったら乱射したいと思うくらいだった。
過激な表現だけど、痛みやかゆみに耐えてる人をウソつき扱いしたわけだし、症状重くなった今振り返ると本当にそう思う。謝ってほしい…。
弱ってソファでぐったり寝てる人間を囲んで、年寄りが年甲斐もなく何やってんだと思った。何十年も何やって生きてきたの。
つらくて目も開けなかったけど聞こえてるし、わたし英語わかるんだぜ。アジア人の子供だと思って、ナメてくれるよ。
「若い子が病気だとなんかムカつく」っていう気持ちが、一部のむこうの初老連中にはあるらしい…どんだけ心が嫉妬に支配されてんだよ。恥ずかしいと思って欲しい。
若い子に嫉妬するようになったら、初老。50でも40でも初老。人生の終わり。病気の人を素直に心配できない時点で、人間終わってる。恥を知ってほしい。
百歩譲って思いこみだとしても、その人が苦しんでるならリアルにダメージ食らってるのに、想像力欠如してると思う)

…ずっとたまってた心の膿みが出た。





かゆい。痛い。眠い。
ここに「憎い」が入らないように、今日は必死。
どうして先生、薬くれなかったの。膿んでますよ相変わらず。昨日自分でも気づいてたよ。なに治ったことにして治療やめてんの。中途半端にやめたらよくないですよね??
またゾンビみたいにthey die and come againで蘇ってきてまたイチから倒さなきゃいけなくなるんじゃないですか?
ああ、指までムズムズかゆい。。イライラする。。



こんな状況でも会ってくれる友達がいなかったら、とっくに負けてる。
友達と会える機会がグッと減った。
普通に起きれないんだから、当たり前だよね。

もっと、好きな人間と会わなきゃ削れる。
せっかくでかけても、好きでもない人間と接する時間のほうが多い気がするし、つらい。
お金と時間と労力だけ吸われる。
全然友達とか好きなものの中で、楽しく過ごせてない。

病院行くと空しくなるから、そういう日はなるべく友達に声かけてみよう。
そうじゃなきゃ、多分次は立ち直れないよ。



眠い、かゆい、痛い。


憎いが入り込まないように、
中東のヒップホップを薬にして過ごす。

兵器じゃなくて、音楽を武器にして戦う、平和主義者たちのラップ。
ガザのこと調べたことのないやつには誤解されるだろうし、わからないだろうけど、それでもいい。
わたしも巨大な分離壁の中に隔離されている気分だから。
ガザの人々も、こんな風に、自分たちをまるで疫病をはこぶ病原体扱いされていると感じる。
体を検査される日々を送ってる。
医者がライフル持ってないだけ、日本に暮らす自分はマシなんだ。
わたしが何言ってるかわけわかんない人は、イスラエルのこと、ガザの人の立場で調べてみたら。

ああ、DAMのラップがあんまり和訳されてないという長年のイライラを、この勢いで自分で解消したい。
訳したものも、立場とか気にして、下げちゃったしな…。

方々から誤解されるんだろうなぁ。
政治じゃなくて、人の心なのに。
彼らのラップの成分、ディスじゃなくて7割が文学なのに。

やめたほうがいいことばかり。
かゆい。かゆすぎる。。

自分もあの病院の受付の人たちと同じになるなら、また載っけるか。。

ちなみにこういう記事書いたら、
医者や受付の人がみんなそうなわけじゃーとか、
そんなのわかってるよ。
でもそんな人たちがいるのも現実。
こんな目に遭ってる自分がいるのも現実。



早くアラビア語わかるようになりたい。今日はそのモチベーションで少し本読めたらいいな。
眠いよ。春のせいだと自分をだましたい。