イイですね~!!!!

実はわたしも、アメリカのエアラインで、スチュワーデスが歌を歌うのに遭遇したことがあります。
(ユナイテッド航空だったかどうかは忘れたけどね)
アメリカって本当にエンターテイメントの国で、こういうの多いですよね。

飛行機で「足拍子」なんかして大丈夫? でもさすが欧米人、豪快です。
「手伝ってくれないと悲惨なことになります」とか言うのが、清々しいw

カモーンとか言える、英語がうらやましいぜ。
カモンは本当に好きな英語です。日本語にないよね、こんなノリ。
「行儀よく日本語をしゃべる」を意識するようになってから、特につまらなくなったからな、わたしの日本語。



ちなみにわたしが歌アナウンスに遭遇したのは、カナダからアメリカに戻る便でした。
冬のホリデーシーズンで子供が多く、着陸のときにはギャーギャー子供が大騒ぎ。
そんな着陸のあと、スチュワーデスが歌いました。
「将来スチュワーデスと結婚すれば、飛行機に乗って世界中旅行し放題よ」みたいな歌だったらしい。

わたしは英語が全然わからない時期だったので、隣りの人が訳してくれるまで意味わからなかったです。
訳してもらっても、あんまり意味わかりませんけどw