むじかみ!Mizuki Muzika

Music/ Videos/ Languages/ The World/ Love and Peace♡

ふわふわセラピー。エコな世界のプロレスごっこ。東京は雪&低温注意報。

2018.1.25.Thu.
東京は今日、-4度まで気温が下がるそうです。
1985年ぶり、33年ぶり?の低温注意報。
水道が凍結する注意喚起などがされています。
しかもこれ、土曜日あたりまで続くらしいです。
めちゃくちゃ寒いらしいです。

体調の急変は、寒いときに起こります。
だれにでも起きる可能性があります。
周りも、みなさん自身も、お気をつけて。

月曜には、東京では珍しいサックサクのパウダースノーが降りました。




















(▲フクロウに見える雪みつけた。触ると、サックサクよーん)


この冬は、NYなどアメリカの東側も、異例のマイナス40度以下、
脳が凍る勢いで冷えたりと。

世界のあちこちで、寒めの異常気象が起きています。
地震も起きたり。

この冬は、そろそろ地球の環境問題をなんとかしよう、と色んな国が動きはじめました。
今まで各国政府がダラダラ何%とか小さい話を進めていたところを、
もう先進国も発展途上国も、みんな一緒になって国関係なくやろうぜ!って動きになりました。

しかし「アメリカだけは参加しません」とトランプ大統領だけが、世界を煽りつづけるスタイル。
悪役が1人いると、むしろ大量のヒーローが生まれる効果がある。
「次の大統領選がある2020年には、アメリカも行くから待ってろ!」みたいなアツいプロレスが展開されていますが。

こりゃあ地球の危機だねってきもちになると、人間ひとつになってしまう。
地球人なんて寒さに適応できる生き物じゃない。
とにかく寒いのがいやなのは、みんな一緒ですよね。





















(▲地球人・アジア人のわたし。手を雪に乗せて実感。これぞ、モンキーフィンガーズ!)



冬は寒いので、ふんわりほっかほかの話をしますね!(*´꒳`*)


触り心地のよいものをニギニギすると、ストレスが飛ぶって言いますよね。
だから世の中には、スクイーズという、握ってストレス解消に使うためだけの商品が売られています。
スライムは、具体的にキラキラしたモノを作ったり、生産性があるのでまだ意味がわかるんですが。
スクイーズの存在意義がサッパリわからなかったんです。つい最近までは。


別にスクイーズを買ったわけでもないんですけど。
ふとしたきっかけで、「触り心地セラピー」を体験しました。

ふわふわの毛布やタオル、人からもらったんです。
たぶん自分なら別にこだわらないし、選ばないと思う品。



でも、最近のふわふわの最先端は、すごい…。
このお値段で?
このふわふわ?
え、薄いのに、こんなにあったかい…!?

ふわふわ毛布は、寝るとき・起きたとき、しあわせ度が増します。
かなり良い夢を見せてもらってます。
たぶん寝てる間に、スクイーズ(握って)るんですよね。これがスクイーズ効果かぁ。

悪夢派の人へ。
ぜひ、ふわふわ毛布を顔にあてて寝たり、ふわふわタオルで枕を包んで、悪夢から解放されてみては。
おためしあれ。



ふわふわタオルは、洗顔がきもちいい。

ロングヘアは冬洗うと寒くてつらいけど、ふわふわタオルだと乾くのも早い。
アメージング!ふわふわ!




ふわっふわのタオル・毛布類を、
乾燥機から出すと、ほっかほか。

ダウニーのCMかよって勢いで、
右ほほにあて、
ふんわり〜
うっとり〜(*´꒳`*)
って目を閉じているとき、

だれも見てないけど、一番の笑顔かもしれない。



「触り心地セラピー」
寒い冬は、ふわふわ、ほっかほかで〜(*´꒳`*)

















モフ!

#今日見た夢 フィギュアとローラースケートとオーケストラのコラボ

2018.1.13.Sat.
今日見た夢も凄かった…(夢の話なんで興味ない人はスルーで


アイススケート、ローラースケート、
オーケストラと歌と遊園地のコラボでした。
ふしぎな形のリンクで。

はぁ…、わたしがもしすごいお金持ちだったら、あんな夢を実現させて、みんなとリアルでシェアできたんでしょうか。
(超大掛かり)



はじめは、狭いスタジオで、ブース内のバンドを撮影することからスタート。
その日渡された最新型のカメラがかわってて。
なんでも古代のカメラだそうで。

古いレジン鍋みたいな形の、透明ガラスのふしぎなカメラというか、瓶を使って撮影。
部屋を真っ暗にして、レジン鍋のようなガラスの筒の先端がむいてるところにだけ、スポットライトがあたる。
きれいな沖縄ガラスが光にあたるときれいな色を発光させるような、ああいう神秘的な光。

一応ビデオカムとして撮ってるんだけど、
液晶が付いてないただの瓶に見えるし、
レジン鍋の筒側か底辺、どっちがカメラのレンズとして撮れてるのかよくわからないという。
GoProよりも自分が何撮ってるのかわからない。

でもそれはちょっとコンテンポラリーみたいな雰囲気で、
演劇の先生なんかにも会い、
懐かしいふしぎな雰囲気のまま、撮影は進んでいきました。



そして次は、外でメインのショーが始まる時間。
ここはもうよくわからないレジン鍋カメラはやめて、自前のカメラちゃんに。
急に身軽で自由な気分に。

なんだかんだで曲の始まりから撮れないというあわあわ大失態を犯すも、
移動しながらどんどん撮る。

スケートは面白い!!!!


円形のアイススケートリンクのまわりは、立体的。
美女と野獣の階段のようなものに両サイド囲まれている。
かなり高さがあるので、アイススケートリンクの左右両端4mの所には別の地上ステージがあり、
そこにオーケストラが。
豪華すぎる!!!!
しかもその上側のフロアステージは、動く!!!
もちろんスケートリンク内にも、動くフロートあり!
ワクワクが止まらないし、もうどこ見ていいやら、どこ撮っていいやら。

室内ドームのサンリオピューロランドみたいな遊園地なので、後ろにはお城がドーン!


アイススケートリンクの中では、はじめは大量のスケーターのマスゲーム的な踊り。
今は右!次は左!とやっていくうちにどんどん視野が広がって、
だんだん両脇の階段に、ローラースケートダンサーさんたちが増えていく。

スケートリンクの中や、フロートに乗ったシンガーが客の目を引いてるうちに、
パッ!と照明があたるローラースケートダンサーたちは増えていき、
どんどん階段が伸びてどんどん高みを出していく。
そして最後に、頂点のお城がドーン!
ってなったときに、曲の歌詞にも「キャッスル」という言葉がハマって、
あぁこれは、ふしぎな世界の招待状みたいな歌だったんだなぁ、と。



すごいのは、この美女と野獣みたいな階段が広くて、お客さんが入っていけるということ。
お客さんは撮影用に限られた人数しかいないんだけど、自由に歩き回って、好きな位置から観戦できる。
すごく参加型。座って待ってなくていい。大冒険って感じ。

美女と野獣階段は、東と西の2本セットが、左右に2つ。
城がある西サイドにしかローラーダンサーはいないから、東は自由にお客さん移動。
一番おいしいのは、階段の真ん中の、平らな部分。ベルと野獣が手を取り合うところですね。

そこから撮ろう〜とわたしも移動しながら撮るのですが、
なんとわたしもローラースケート履いて撮影。
これ夢でやるの二回め、リアルでやってる人いつも見てて超ほしいスキル。
めちゃくちゃ楽しい。

でも階段あるのきつい…!

とりあえずはじめは階段使わず、通路使ってシャーっと真ん中に移動。
そこからの映像をしばらく撮りつつ、ローラーダンサーさんたちを間近で撮りつつ。

階段はそんなに狭くないので、
ローラーダンサーさんたちが、
いいよいいよ!こっち上がってきちゃいなよ!
と言ってくれる。
まじすか!と思いながら、一歩ずつ上がり、結構な高みまで来てしまう。

おかげですごく良いシャット撮れた!けど……
降りれないかも……!すごい高さまで来てしまった…!

しかもそろそろ宴もたけなわ。
次はローラーダンサーがこの階段で何かキメるはずだし、
わたしは明らかにココから退場しなければ…!
そんなすぐにはこの高さ降りられない…!

と思ったら、もうその瞬間は来てしまい。
ローラーダンサーさんたちが、まさかのソリみたいなもので、階段をジャーっと滑り降りていく演出。

ぎやあああ巻き込まれるー、危険だー、しかも明らかにわたし邪魔になってるー!
と軽く命の危険を感じつつも、しゃがんで目の前をスケーターたちが滑っていく怒涛の映像をキャッチ。

しかも、落ちながら、わたしという邪魔な人間の
カメラに向かって、イェーイとアピールしてくれるスケーターさんばかりで、
あぁ、やっぱり、スケーターってすげえ。プロのパフォーマーってすげえ。明るいなぁぁ。
と感動したのでした。

空飛ぶドローンに乗り込んで出発するローラースケーターや、
ドローンシステムをシューズに装着して浮き始めてしまうスケーターもいて、
すごく未来でした!!!




ここでわたしの夢は終了なのですが、もう今日は規模が大きすぎて。
実現しないかなぁ……どこかで。

わたしの脳は毎日こうして、わたしをとってもエンタメしてくれる。
どんな映画よりも、本よりも。そしてARなんてレベルじゃない。風も吹く、空も飛べる。
わたしの好きなものだけをピンポイントで混ぜ合わせて、すごいものを提供してくれる。多分これがAIに期待されてることだろうけど、本当にそれを叶えてくれるのはAIじゃない。自分の脳みそだよ。

自分の脳が提供してくれるものを、もっともっと自由に好きなときに楽しめたらいいのに。
夢は見れる時もあれば、見れないこともある。忘れてしまうこともある。

でもこういう大作は忘れないし、
これはもはや自分の人生の体験みたいに、自分の中に感覚として残っていく。


以前、自転車の練習してるとき、自転車をスイスイこげてすごく気持ちいい!って夢を見たことがある。
わたしのスケートも、だんだんカメラが持てるところぐらいまで、近づいて来たってことかなぁ。
まだまだなんだけど、スケートは空を飛んでるのと同じ感じなので、生きてる間にもっと長い時間浮いていたいなぁ。
生身で速く動ける感じが、クセになりつつあります。スケート最高。見るのも最高〜。
エンタメ最高〜。

言葉やストーリーや主張があんまりない、ただただきれいで楽しいだけのエンタメ、だれも傷つかなくていいなぁ。
手品とか。サプライズ。楽しいこと。

カーテン変えたら、良い夢見れるようになった。

2018.1.12.Fri.
きょう見た夢は、最高だった。

実家に帰ったら、
「あぁ、こんなところで死にたいと思ってたんだ」
みたいな場所だった。

ライブ会場みたいなスタジオになってて、
ガラス張りのブースの中に、すごく綺麗な光る楽器とかあるの。
巨大水槽、水族館みたいな感じの黒いところ。

それを見ながら作業できるカッコよくて使いやすい、卓みたいな机もあるし。
「あぁ、ここなら引っ越したいなぁ」って。

そこに所帯じみた感じも入ってて、
「ガラスケースのガラス、またベタベタになってる〜。昨日掃除したばっかりなのに〜」みたいな。


起きたらすぐ右手にピアノがあるし…、
好きな曲で一緒に遊ぶ兄弟も…、

ん?ちょっと待て。現実も意外とそんな感じだったような…?



みんながやたらわたしと連絡をとれるように「内線電話」を差し入れてくるし、
一緒にゴハン食べたがってくれるし、みんなのぶん作れる楽しさっていう。

何このディープなコネクト感。
連泊のつもりが、
「お、このまま帰ってくるのか?」
「それも良いのでは?」
と、わたしもみんなも内心ワクワクしてる感じ。


部屋には小さなころからあるという設定の、芝居ディズニーランドのアドベンチャーランドとウエスタンランドの模型。
ディズニーランドの歴史とか、資料館みたいなかたい資料が広がってて、
「あぁ、だから昔から、古いディズニーランドには飽き飽きなんだよな〜」とか思ってるの。
でもそれがイッツァスモールワールドだったりトゥモローだったら絶対落ち着かないし、
緑や木、機関車の模型ある感じがたまらないの。(夢)



「なんて理想的な場所…みんないるし…こっちに引っ越したい」

という最高なきもちで、
目がさめたね。

ふしぎなチャイム音がしてたから、なになに?と思いながら、恐る恐る目をあけた。

自分の部屋だった。
あぁ、さっきの世界、さすがに夢だよね。
消えてしまうには、あまりにももったいない世界だった。
消えないで、あの机…。


でも、現実の自分の部屋…夢に劣らず、最高だぞ。この感じ。
理想のこじんまり。

あと実家もよく考えたら…
理想のこじんまり。
意外と夢みたいな感じかも。

もしかしたら、すごく幸せな世界に、わたし生きてる?生まれてる?



夢みたいな現実をぼんやり確認しながら。
朝、カーテンを開けるのが、たまらなく気持ちいい。

今日は朝起きたらコーヒー飲むって、決めてたんだ。


そうです、カーテン変えたんです。

遮光カーテンのおかげで、すごくよく眠れるようになった。
もっと早く手に入れていればよかった。

良い夢が見られるようになった。
露骨に、良い夢。
しかも音楽とか、なにかを作りたくなるようか、
創造性がわーっとなる夢。
これでこそ夢。夢トレしてきた甲斐もある。

睡眠の質が上がってる!上がっているぞー!


今日は汚い現実については深く考えず、わたしの世界を生きるんだ。

なんかまた間違えた道に行こうとしてた。
巻き込まれてる場合じゃないぞ。

黒くて重たい、夢を叶えるケーブルの世界。
ずーっと机座ってこもっていてもいい自分の世界。
光るとか模型とか、夢みたいな世界。
そんな夢みたいなものに囲まれて、それが許されてるところに、せっかく生まれてきたんだから。

まるで欠けてるものがないような、最強に守られた気分にさせてもらってきたんだから。

「普通」とか「普通の人たち」の、つまんない負のエネルギーに巻き込まれてる場合じゃないぞ。
先の見えないグチとか、居心地よくないわあわあした声とか、かすめ取られていく感じとか。無駄なエネルギーの消費とか。
何をどこまでしたいかもよくわからなくて、本気で何をどう叶えたいのかわからないような人々の夢に、付き合わされてる場合じゃないぞ。
文句をぜんぶ引き受けてる場合じゃない。
人生は短い。この幸せな人生の、幸せなところを噛みしめなきゃ。まだまだ勉強できることばかり。

わたしのやり方、たぶんちがう。
気持ちよいことしか、今年はやらないんだ。
犠牲や我慢の押しつけや、人のいじめ心や、そういうものから自由になるんだ。解放されるんだ。
だってわたしの心に、意地悪なんてないもの。
そんなものに縛り付けられてたら、空も飛べるはずなんてうそだ。邪魔すぎる。重すぎる。

もっとふわふわした、きれいなものを求めてるんだ、わたしは。
やたら否定されるけど、ふわふわの何が悪い。

そうだそうだ。まずは理想の現実の一部、図書館みたいになってしまってる本の山から、何冊か外に連れだそう。

カーテンの効果すごい。すごい安心感。
このカーテンがあれば、コーヒーはもういいやって気分になった。
ギャラリー
  • Sakura咲いたから絵を描いたー!
  • 体育は「サバイバル術」の授業になればいいのに。光GENJIと運動。
  • 体育は「サバイバル術」の授業になればいいのに。光GENJIと運動。
  • マイケルジャクソンと #TimesUp #HappyWomensDay #国際女性デー わたしは #MeToo なあなたを全力で肯定しますよと宣言しておきます。#映画 #音楽 #洋楽
  • マイケルジャクソンと #TimesUp #HappyWomensDay #国際女性デー わたしは #MeToo なあなたを全力で肯定しますよと宣言しておきます。#映画 #音楽 #洋楽
  • マイケルジャクソンと #TimesUp #HappyWomensDay #国際女性デー わたしは #MeToo なあなたを全力で肯定しますよと宣言しておきます。#映画 #音楽 #洋楽
  • マイケルジャクソンと #TimesUp #HappyWomensDay #国際女性デー わたしは #MeToo なあなたを全力で肯定しますよと宣言しておきます。#映画 #音楽 #洋楽
  • マイケルジャクソンと #TimesUp #HappyWomensDay #国際女性デー わたしは #MeToo なあなたを全力で肯定しますよと宣言しておきます。#映画 #音楽 #洋楽
  • 「NIVEA Softひとつで、顔からだ髪、全身まるごとスキンケア」大作戦
記事検索
タグ絞り込み検索
GOOGLE
楽天市場
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ